SUPER JUNIOR ソンミン、約6年ぶりの正式ソロ曲を発表…2日にSM「STATION」で公開

写真=SJレーベル

チーム活動に不参加だったSUPER JUNIOR ソンミンがソロ曲を発表する。

ソンミンは、SMエンターテインメントの新曲発売プラットフォーム「STATION」の47番目の走者として抜擢され、3月2日午後6時、韓国の主要音楽配信サイトを通して新曲「Day Dream」を公開する。

「Day Dream」はソンミンのスイートな声で、エレクトロニックピアノ演奏が調和したアコースティックバラードジャンルの曲だ。夢の中で希望に出会ったという内容の歌詞を、童話的な雰囲気で表現した。

ソンミンが正式に音源を発表するのは、2014年に発表したSUPER JUNIORの「Evanesce」以降初めてだ。2016年に軍除隊以降、ミュージカルステージを中心に活動していたソンミンはファンとの不和により、昨年SUPER JUNIORチームの活動に参加しなかった。

SJレーベルは「『Day Dream』は、ソンミン初の『STATION』参加曲であり、2012年のデイリーシットコム(シチュエーションコメディ:一話完結で連続放映されるコメディドラマ)『天女がいなきゃ?!』のOST(劇中歌)『OH WA』発表以降、約6年ぶりのソロ曲であるだけに、より話題を集めるだろう」と予想している。

 記者 : イ・ウノ、翻訳 : 浅野わかな