防弾少年団「PUMA」のグローバルモデルに抜擢…商品購入者限定ファンサイン会の開催も

写真=PUMA

防弾少年団がスポーツブランドPUMAのグローバルモデルになった。

防弾少年団は2015年からPUMAの韓国モデルとして活動してきた。メンバーたちが直接デザインに参加した製品を発売したりもした。今年からは国内のみならず、グローバル広報大使として活動することになる。

2018 PUMA&防弾少年団キャンペーンは「BEYOND DREAM」をコンセプトにスペシャルエディション「TURIN」を披露する。想像できない大きな夢を一つずつ成していく防弾少年団のストーリーがこめられたキャンペーンだ。

PUMA KOREA広報担当者は、「防弾少年団のグローバルアーティストとしての成功要因は挑戦、革新的でありながらも率直な姿がある。そんな彼らの姿はPUMAが志向するメッセージと一筋通じる」と話し、「彼らと共にした4年間のコラボレーションは単純な業務的な関係を超え、根強い連帯感を形成してきた。彼らのこれからの歩みも共に応援していきたい」と話した。

PUMAは「TURIN」発売を記念し、3月2日から4月1日まで商品の購入者に限り、特別ファンサイン会を開催する。抽選で150名に防弾少年団と直接出会うことのできるサイン会への参加機会が提供される。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳:浅野わかな