「The Unit」&「MIX NINE」出演のA.C.E“チームのための最善の選択だった”

写真=10asia

昨年、最も有意義な一年を過ごしたアイドルグループといえば、5人組ボーイズグループ A.C.Eが挙げられるだろう。ジュン(JUN)、ドンフン(DONGHUN)、ワウ(WOW)、ジェイスン(JASON)、チャン(CHAN) で構成されたA.C.Eは昨年5月23日、シングル「CACTUS」でデビューした。強烈な雰囲気の曲よりも注目を集めたのは、短い短パンのステージ衣装だった。ボーイズグループはなかなか着ないスタイルのズボンであったため、目立つしかなかった。しかし、その注目が曲にまでは繋がらなかった。その後の昨年10月18日には、2ndシングル「Callin’」を発売した。曲のテンポはより速くなり、振り付けのコンセプトも“セクシー”なスタイルに合わせたという。

彼らの顔と実力が公に知られ始めたのは、様々な歌手が出演したKBS 2TV「The Unit」とJTBC「MIX NINE」を通してだった。「The Unit」は、既にデビューしたアイドルグループに改めてスポットを当てデビューメンバーを選ぶ番組で「MIX NINE」は、韓国の事務所の練習生、或いはデビューしたけれどもまだスポットライトの当たっていないメンバーに注目するという番組であった。

様々なアイドルグループが2つの番組に出演し、実際に再び注目を浴びたり、実力も思い切り出し切っていた。A.C.Eはメンバーがそれぞれ分かれて「The Unit」「MIX NINE」すべてに出演したグループという点で新鮮だった。ジュンとチャンは「The Unit」、ドンフン、ワウ、ジェイスンは「MIX NINE」に出演し活躍した。ドンフンとジェイスンは「MIX NINE」のデビューメンバーとして抜擢され、チャンもやはり「The Unit」の男性デビューチーム ユニットBに選ばれた。全126人が参加した「The Unit」と、170人が挑戦した「MIX NINE」でこの3名が生き残ったのはすごいことだ。

最近、10asiaはソウル市中林(チュンリム)洞でA.C.Eに出会った。生活韓服を着たメンバーたちは「今回の旧正月は家に帰れず、練習しながら過ごす」と話しながらも表情は明るかった。

家族に会えないのは残念だけれど、忙しいのは良いことだと言い、幸せそうな姿を見せていた。「The Unit」と「MIX NINE」に対する愛着も大きかった。

「5人で活動している途中で離れて出演することになったのですが、熾烈な競争をしながらメンバーたちの大切さを感じました。実力のある歌手たちと競争し、採点されたり、投票で順位が決められたりするのは難しかったし、プレッシャーにもなりました。ファンの応援のおかげで力を出しながら、楽しみました」(ジュン)

「A.C.Eというグループを知らせることが出来たこと自体、ありがたい事でした。少しでも多くの人々に僕たちの存在を知らせることができる機会を得ました」(ドンフン)

「MIX NINE」の初回から注目を浴びたジェイスンは「サバイバル形式の番組なのですべてが大変でした」と話し「体力的にも精神的にも簡単ではなかったけれど、毎回与えられたミッションを遂行し、公演を繰り広げながら自分の成長を感じられました」と話した。彼はまた「番組に入る前は、メンバーたちと一日中くっついていました。近くにいたので、大切さがわからなかったけど『メンバーたちに会いたいと思うこともあるんだな』と思いました」と笑った。

ジェイスンの言葉に、チャンもやはり「メンバーが家族のように、自分の中の大きな部分を占めていたということを知りました」と付け加えた。

そんな彼らも、最初はチームを分離して、それぞれ違う番組に出るということに疑問を持ったという。しかし、目的はたった一つ「A.C.Eを知らせよう」ということだった。振り返ってみると「チームのための最善の選択」であったと説明した。

「放送に出たお互いの姿を見ながら、褒めたり励ましたりしました。様々なミッションを通して、知らなかった一面も見ることが出来て良かったです(笑)」(ジュン)

全28話で構成された「The Unit」は2月10日に幕を下ろした。「MIX NINE」は1月26日に終わった。毎回去っていく同僚を見るのも辛い事だった。

「本当にたくさんの事を学びました。今まで僕たちは『井の中の蛙』だったと思いました。経験がもっと必要だなということを感じました」(ドンフン)

「たくさんの参加者が集まって競争をするので、実力があってもあまり高い評価を得られていないメンバーがいて残念でした。『こんなにも切実な人が多いんだな』と感じたし、これからステージに立つ度に、より慎重になると思います」(ジュン)

特にチャンとジュンは、昨年末に「The Unit」の参加者として「2017 KBS演技大賞」にも出演した。チャンは「A.C.Eとして必ず立ってみたかった授賞式に、先に触れることが出来て不思議でした。言葉では表現できない気分だけれど、観客と疎通しながら楽しんだステージだったと思います」と話した。

ジュンは「すごく緊張しました。ステージに上がる前は製作陣が、演技大賞の厳粛な雰囲気を教えてくれながら『驚かないようにね』と言っていたけど、実際は少し違ったので少し動揺してしまいました」と話し笑った。しかし「女優のラ・ミランさん、俳優のパク・ソジュン先輩が『いつも見てる』と言ってくださったので力を得ました」と付け加えた。

写真=10asia

今年を気分良くスタートしたA.C.Eは、これからファンとより沢山出会う計画だ。

「2017年がたくさん学び、様々なことを経験した年であったならば、今年はたくさんのことを成して、今まで助けてくださった方々にお返しする一年にしたいです。欲望も大きいです」(ジュン)

ドンフンとジェイスン、チャンは、これからも「MIX NINE」と「The Unit」の最終メンバーとしての活動が残っている。

「ジェイスンと一緒に『MIX NINE』の最終メンバーとして選ばれて心強いです。カッコいいメンバーたちとステージに上がることだけでも光栄なので、良い姿をお見せしながら、後悔のない活動がしたいです」(ドンフン)

「沢山の視聴者たちの応援とファンの声援で残れたので、頑張るのは当然です。新しい出会いなのでとても期待しています。カッコよく楽しい活動が出来たらいいなと思っています。またA.C.Eとしての活動も逃したくないです。忙しく暮らしたいです(笑)」(ジェイスン)

ジュンは「2つの番組を通してとても成長したのを感じるし、僕たちが再び集まった時、どんな絵になるのか期待しています」と強調した。ワウは「その場に留まるのではなく、どんどん成長していくA.C.Eになりたいです」と話した。

「歌手だから、音楽で認められつつも、聞いている人々に力を与えられるメッセージを伝えたいです。僕たちの音楽を聴いて力を出して、勇気を得てもらえるなら、それより大きな幸せはないと思います」(ジュン)

写真=10asia

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン