VIXX、ロッテホテルの広報大使に任命…“グローバルな人気を証明”

写真=ロッテホテル釜山

VIXXがロッテホテルの広報大使に委嘱した。

VIXXは5日、ソウル市松坡(ソンパ)区ロッテワールドホテルで開催された委嘱式で、ロッテホテルの広報大使に選ばれた。韓国国内外からK-POPを代表する独歩的コンセプトアイドルとして活発に活動中のVIXXが持つ、グローバルな認知度と洗練されたイメージを肯定的に評価され、広報大使として委嘱された。

これまでVIXXは2015年から2度に渡り広報大使として選ばれ、ロッテホテルの韓流マーケティング活動に積極的に活動してきた。2017年11月には釜山で日本のファンを対象にしたファンミーティングが成功的に開催され、観光客を大量に誘致するために寄与したという評価だ。

発売するアルバムごとに話題を集め、しっかりとした人気を維持しているVIXXは昨年発表した4thミニアルバムのタイトル曲「桃源境」を通して、2018年に逆走の初のランナーになった。VIXXなりの武陵桃源(ぶりょうとうげん:世間からかけ離れた平和な別天地の事)を東洋的な味に極大化させた「桃源境」を通して、韓流を代表するK-POPグループとして確実に認められた。また、先月開催された第132回国際オリンピック委員会(IOC)総会の開会式で特別公演を披露し、注目を集めた。

韓国市場だけでなく、日本でも変わりない人気を続けている。VIXXは昨年発売したアルバム「ラララ ~愛をありがとう~」でオリコンデイリーCDアルバム総合ランキングをはじめとし、ビルボードジャパンとタワーレコードでもトップを席巻し、グローバルな影響力を続けている。

これに対しロッテホテルは、韓流を代表するトップスターたちを広報大使として委嘱し、韓国国内外の消費者を対象に、多様なグローバルスターマーケティングを行ってきた。今回はK-POPを代表する独歩的なコンセプトアイドルであり、グローバル韓流アイドルであるVIXXを通して、国内外の市場で底辺をしっかりと固めていく予定だ。

ロッテホテルの新たな顔となったVIXXは、ホテルの韓流ファンミーティング、広報活動、広報用コンテンツなどをはじめに、ロッテホテル韓流マーケティング活動に参加し、ブランドを代表する広報大使として活発な歩みを続ける。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな