「Mother」イ・ボヨン、警察に逮捕されるも娘ホ・ユルを心配“今どこに?”

写真=tvN「Mother」放送画面キャプチャー

「Mother」のコ・ソンヒが国民参加裁判を希望した。その反面イ・ボヨンは無罪判決を願わなかった。

8日に韓国で放送された、tvN「Mother」でスジン(イ・ボヨン)は警察に逮捕され、取り調べを受けることになった。

調査室でスジンは「私が持っていたカバンをヘナ(ホ・ユル)に送って欲しい」と要求した。彼女は「着替え、おもちゃ、食べ物、すべて私の物ではなくヘナの物だ」と話し、「ヘナに送ってもらえるか。ヘナは今どこに行ったのか」と娘を先に心配した。

調査を終えた後、弁護士に会ったスジンは「反省文は書かず、嘆願書も受け取らない。私は罪の償いはする」と言う意思をほのめかした。

その反面ジャヨン(コ・ソンヒ)は自身の弁護士に、「国民参加裁判がしたい」と希望した。世論が良くないと引き止めたにも関わらず「話したいことがある」と言い、「人々は私が男に溺れたと言うけれど、私はヘナと二人で残るのが辛かっただけ」と主張した。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな