ASTRO「2018 グローバルファンミーティング」が日本でファイナル迎える…大盛況

写真=ファンタジオ

グループ ASTROが「2018 グローバルファンミーティング」を盛況裏に終えた。

ASTROは17日に東京の森のホール21で2度にわたり、「2018 ASTRO Global fan meeting in JAPAN」を開催し、約4000人のファンたちと出会った。

この日ASTROは、「引き留めておくべきだった(Again)」「Baby」「Run」「あなたが吹いてくる(Crazy Sexy Cool)」「北極星(Polaris)」「告白(Confession)」「Real Love」をはじめとして、現地ファンのために日本語の曲も歌った。

特に日本の歌で“お盆カラオケ”コーナーを設定し、楽しみを届けた。続く“北極星”コーナーではステージの下に降りて行き、客席の隅々を回り、ファンたちと近くで呼吸した。

日本ファンたちの熱気も熱かった。今回のファンミーティングは当初1回の公演が予定されていたが、早くに売り切れ、追加公演が決定した。

ASTROは「グローバルファンミーティングを準備しながら苦労されたスタッフはもちろん、共に参加された全世界のファンたちに心から感謝します」と話し、「AROHA(ASTROのファン)がいたから一緒に幸せな思い出を作ることができた。皆さんがいたからこそASTROがいるということをもう一度悟った」と話した。

また「まだASTROの魅力をすべてお見せできていないと思う。これからより良い姿をお見せして、より発展するASTROとなりますので必ず見守って欲しい。もう一度共にしてくださったファンの皆さんに感謝しているという言葉を必ず伝えたい」と付け加えた。

日本公演を最後に全世界9都市で12回の公演が繰り広げられた「2018 ASTRO Global fan meeting」が幕を下ろした。ASTROは今回のグローバルファンミーティングを通して、韓国と日本をはじめとしたアジアは勿論、アメリカとカナダでも約2万3千名の観客と出会い、“グローバルアイドル”としての姿を見せた。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな