「御膳立てする男」スヨン、女優としての演技人生第2幕スタート…愛らしいキャラクターで好評


※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=10asiaDB

スヨンが50部作の長いドラマを無事に終えた。昨日(18日)韓国で放送が終了した「お膳立てする男」を通して、女優としての演技人生第2幕を開いた。

「お膳立てする男」最終回は、ハッピーエンディングで終了した。ケビン(イ・ジェリョン)はチュンオク(キム・スミ)がオギ姉さんだということを知り、二人は涙で再会した。シンモ(キム・ガプス)とヨンへ(キム・ミスク)は卒婚の危機を乗り越え、仲直りに成功した。ルリ(スヨン)とテヤン(オン・ジュワン)も紆余曲折の末に結婚式を挙げ、愛の結実を結んだ。

「お膳立てする男」は、卒婚、非婚、同居婚など、家族革命の時代、家族崩壊の危機に瀕した中年男性の、幸せな家族を取り戻すプロジェクトを描いたドラマだ。スヨンは劇中、イ・ルリ役を熱演した。ルリはドラマの中で大企業の役員であるシンモの娘だ。他人から見れば羨ましい家庭と健康で愛らしい美人にも関わらず、成功志向的な父のせいで苦労しながら生きていく人物だ。

少女時代のメンバーとしてデビューし、ドラマ「私の人生の春の日」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」などを通して、安定的な演技を披露しながら、代表演技アイドルとして定着したスヨン。彼女は「お膳立てする男」を通して、自身の真価をもう一度証明した。ドラマの前半で成功する兄と比較され、いつも自信が足りない小心者の就活生の姿から、テヤンに出会った後、だんだん自信を持って成長する姿まで、スヨンは健康で愛らしい魅力を持ったイ・ルリを、現実味を持って描き出した。

スヨンは「お膳立てする男」を通して、既存のアイドルのイメージを脱ぎ、完全に女優として視聴者の目に焼きつけることに成功した。これからスヨンが繰り広げる、演技人生の第2幕に視線が注がれる。

「お膳立てする男」の後続ドラマは、25日から新週末ドラマ「金持ちの家の息子」が韓国で放送される。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな