チョン・ギョンホ&パク・ソンフン&コ・アソン、ドラマ「ライフ・オン・マーズ」に出演確定

写真=各所属事務所

俳優チョン・ギョンホ、パク・ソンウン、コ・アソンがOCN「ライフ・オン・マーズ」への出演を確定した。

「ライフ・オン・マーズ」は同名の人気イギリスドラマをリメイクした作品だ。夢か現実か分からない1988年、記憶を取り戻そうとする2018年の刑事が1988年の刑事と出会い、繰り広げられるスリル溢れる復古捜査ドラマだ。

プロファイリングも、よくある防犯カメラもなしに、ただ直観と自白で事件を解決していた80年代を背景に、頭脳派2018年の刑事ハン・テジュと、証拠なんて必要のない1988年の乱暴派刑事カン・ドンチョルが繰り広げる人間味あふれるドラマが特別な面白さを届ける。

チョン・ギョンホはある日突然1988年に目を覚ました科学捜査班ハン・テジュ刑事を演じる。人より証拠やデータを重視する原理原則主義の頭脳派刑事だ。連続殺人事件を追っていたハン・テジュが、88年の乱暴派刑事たちと苦楽を共にしながら、スリルある復古捜査記を始める。

メロドラマは勿論、アクション、コメディまでジャンルを飛び越え、自身だけの色で演技を繰り広げてきたチョン・ギョンホは「原作ドラマと台本を本当に面白く見た。『ハートレスシティ~無情都市~』以降、イ・ジョンヒョ監督とまた一緒に作品ができて嬉しいし、当時感じた幸せをまた感じることができると思い、ワクワクする」と合流の感想を話した。

荒々しく不愛想だが、人間味溢れる80年代アナログ乱暴派刑事カン・ドンチョルは、パク・ソンウンが演じる。証拠は無視し、自分勝手に捜査をするが、優れた六感で事件を解決する“勘で生き、勘で死ぬ”ベテラン刑事だ。

特有の演技とカリスマ性を行き来して見せる、パク・ソンウンの力のある演技が期待を高める。パク・ソンウンは「自分勝手なようだが、実は温かい心を持ったドンチョルという人物に興味を感じ、上手く表現したい気持ちになった」と話した。

1年ぶりにお茶の間に復帰するコ・アソンは、情熱派エース捜査官ユン・ナヨンに扮し、演技の変身を遂げる。美しい外見とは違って、しっかりした逆転の魅力の持ち主だ。捜査資料を整理し、犯罪のタイプとパターンを把握し、捜査の役に立つ日だけを待つ中、自身の声に耳を傾けてくれるハン・テジュを通してプロファイリングの世界に出会い、成長していく人物だ。

コ・アソンは「面白い作品である上に、巡査の役割も初挑戦なのでドキドキし、嬉しい。新しい挑戦なだけに、一生懸命頑張りたい。沢山の関心と期待をお願いしたい」と話し、格別な抱負を明らかにした。

制作陣は「卓越した魅力を持った3人の俳優が作り出した演技のシナジー(相乗効果)が、完成度を高める動力となる」と話し、「しっかりとした原作を土台に80年代の韓国的情緒を着せ、原作とはまた違う面白さで視聴者のもとを訪れる予定だ」と話した。

「ライフ・オン・マーズ」は「小さな神の子どもたち」と「ミストレス」の後続ドラマで、韓国で6月に放送される。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 浅野わかな