「先にキスからしましょうか」キム・ソナ、カム・ウソンに“病気は予想していた”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=SBS「先にキスからしましょうか」放送画面キャプチャー

SBS月火ドラマ「先にキスからしましょうか」(脚本:ペ・ユミ、演出:ソン・ジョンヒョン)でキム・ソナがカム・ウソンに「病気だというのは予想していた」と話した。

26日に放送された「先にキスからしましょうか」で、スンジン(キム・ソナ)とムハン(カム・ウソン)が仲良さそうに餃子を作りながら対話を交わした。

折しもムハンが仕事で外に出なければいけないというと、スンジンは「もしかして病気のせいじゃないのか」と尋ねた。

スンジンは「ムハンさんが病気でも関係ありません。予想していたし、覚悟しています。だから気を楽にしてください。その代わりに早く良くなってください」と話した。

続けて、「私はもらってばかりでしてあげたことがなくて申し訳ない気持ちだったけれど、この家に来てやることができました。慣れていることです。上手いんです、私。だから心配しないでください。本当に」と話し、温かい言葉で彼をいたわった。

ムハンはスンジンをもう一度揺らそうとし、過去のスンジンに言った「僕は緑豆、あの人はもやし」という言葉を思い浮かべた。彼は「心配しないでください。最初は心配したけれど、スンジンさんの本心を知って安心しました。こうしていないで、僕たち早く婚姻届を出しましょう」と冷たく言った。

 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな