ナム・ギュリ主演映画「デジャブ」5月の韓国公開を確定…“衝撃的なミステリー”

写真=映画「デジャブ」スチールカット

衝撃的なミステリーを届ける映画「デジャブ」が5月に韓国で公開される。

「デジャブ」はひき逃げ事件で恐怖の幻覚を見るようになった女性が、耐えられなくなり警察に行ったが、実際に事故は存在しなかったという事実を聞き、誰も信じられない状況に陥る、衝撃的なミステリースリラーだ。

ある女性は交通事故で人を轢き殺した後、幻覚を見るが、車に同乗していた婚約者と刑事たちは事故は起こっていないと言う。誰も信じてくれない状況で、人を殺したと主張する女性のストーリーは緊張感を誘う。

ナム・ギュリは事故を起こしたジミン役を演じ、スリラークイーンに挑戦する。どことなく怪しい刑事チャ・インテはイ・チョンヒが演じる。彼は善悪が共存する顔を見せる予定だ。イ・ギュハンはジミンを傍観する婚約者のウジンを演じる。強烈な変身で20年の演技人生の転換点を迎える予定だ。

「デジャブ」は5月に韓国で公開される。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 浅野わかな