エディ・キム、自作曲の告白ソング「Woh Woh」でカムバック…キム・イナ作詞家とコラボ

写真=NeoLAB Convergence

歌手エディ・キムが新曲「Woh Woh」を16日に発表する。

「Woh Woh」は好きな人の前で感情を隠せなく、落ち着きが必要な一人の男性の正直な告白を込めたR&Bジャンルの曲だ。エディ・キムが作曲し、エディ・キムとキム・イナが歌詞を書いた。

これはエディ・キムが昨年12月、MYSTICエンターテインメントの音楽チャンネル「LISTEN」で「POOM」を公開して以降、約4ヶ月ぶりの新曲だ。「Woh Woh」は「君の使用法(The Manual)」「八堂(パルダン)ダム」などで好評を得た彼の自作曲であることから、ファンの期待が高い。

またmiss A出身のスジとEXOのベクヒョンの「Dream」など、恋を素材にしたたくさんの曲で愛されたキム・イナ作詞家とのコラボで、より注目を集めている。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな