ハ・ヨンス、新ドラマ「リッチマン」でリアルな就活生に変身…演技への情熱にスタッフも感心

写真=iHQ

女優ハ・ヨンスが、MBNの新水木ドラマ「リッチマン」で特別な能力を持つ就職活動学生に変身する。

韓国で5月9日に初放送される「リッチマン」は、2012年にフジテレビで放映された日本の人気ドラマ「リッチマン プアウーマン」をリメークした作品だ。失顔症という致命的欠点を持つが、誰に対しても容赦ない傍若無人な天才事業家のユチャンと、アルファ碁並みの記憶力一つで孤軍奮闘する“限りなくポジティブな就活生”ボラが、仕事と愛を学んでいくドタバタロマンスを描く。

ハ・ヨンスは劇中“無限のポジティブさは私の力”を座右の銘とし、どんな苦難や逆境が繰り広げられても笑いを失わないキム・ボラ役を担った。キム・ボラはアルファ碁レベルの暗記力の持ち主で、学生時代ずっと全校1位はもちろんのこと、ソウル名門大首席入学まで成し遂げて家族の期待を一身に受ける人物だ。

しかし、何でも覚えてしまう特別な能力と人間七転び八起きを見せてくれる彼女も、現実の高い就職の壁にいつも滑ってばかりで、就活生の侮れない奮闘期が繰り広げられる。

制作スタッフが公開した写真にも、ヘアスタイルから服装までリアルな就活生キム・ボラに変身したハ・ヨンスの姿が収められている。夢の職場と呼ばれる「NEXT IN」の訪問カードをかけたまま意気揚揚とした笑顔を浮かべている。

「リッチマン」制作スタッフは「ボラをより完璧に表現しきろうとするハ・ヨンスの演技への情熱にスタッフも皆驚いている」とし「絶え間ないキャラクター分析とモニタリングで制作スタッフと疎通し、また、本当にボラになったように常に笑って撮影に挑み、いつも現場を温かくしてくれるる主人公だ」と話した。

「リッチマン」は5月9日午後11時にDramaxとMBNで同時に放送される。

記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな