Eric Nam、防弾少年団のアドバイスに感謝「曲のタイトルまで一緒に悩んでくれた」

写真=10asia

歌手Eric Namが11日午後、ソウル市麻浦(マポ)区西橋洞(ソギョドン)ムーブホールで開催された3rdミニアルバム「Honestly」のショーケースで、グループ防弾少年団のアドバイスのおかげで、新曲「Honestly」に対する確信を得ることが出来たと話した。

この日Eric Namは、カムバックの準備中にアドバイスをくれた同僚の歌手はいるかという質問に、防弾少年団と答えた。彼は「忙しい中でも僕の音楽を聴いてくれてアドバイスをしてくれた。タイトル曲の題名まで一緒に悩んでくれた。すごくありがたかった」と話した。また「(著作権料の分け前を)渡さなければいけないのではないか」というMCのパク・スルギの言葉に、「渡さないといけないかな」と冗談を言い、笑いを誘った。

Eric Namは、「SUGAはギターで作ったガイドバージョンを聞いて、メロディーがすごく良いと言ってくれた。その時に確信と勇気が生まれた」と話した。彼は防弾少年団以外でも約20チームのアイドル歌手に新曲を聴かせ、歌についてアドバイスをもらったと付け加えた。

「Honestly」はEric Namが2年ぶりに発売する新曲で、同名のタイトル曲を含み、全6トラックが収録されている。Eric Namが全曲作詞・作曲およびアルバムプロデュースに参加し、TABLO、チョ・ヒョナが作詞し、力を加えた。

Eric Namは11日午後6時にアルバムを発売し活動をスタートさせた。

【PHOTO】Eric Nam、3rdミニアルバム「Honestly」発売記念ショーケースを開催“パワフルなステージ”

防弾少年団、Eric Namのカムバックを応援“本当に大切な兄さん、おめでとう!”

記者 : イ・ウノ、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン