「プロデュース101」出身ユ・ソンホ、韓国ファンミーティングを成功裏に終了…“いつも力を出せるのは皆さんのおかげ”


写真=CUBEエンターテインメント

ユ・ソンホがアンコールファンミーティング「一番ソンホ(好き)な時間」を成功裏に終えた。

14日、「プロデュース101」出身ユ・ソンホが韓国でのファンミーティング「一番ソンホ(好き)な時間」を開催し、ファン約2000名と出会った。昨年開催された最初のファンミーティングに続き、コメディアンのチョン・テホの司会で行われた。

この日、ユ・ソンホはデビューアルバムのタイトル曲である「春が来れば」をはじめに、収録曲「青い星一つ」などを熱唱した。また、特技であるピアノ演奏と共に、ダンスメドレーを披露した。公演が終わった後、すべての観客とともにハイタッチをするなど、ファンのための多様なイベントを準備し、目を引いた。

ユ・ソンホはファンミーティングが終わった後、公式Instagramを通じて「今日はとても良かったです。いつも僕が力を出せるのは皆さんのおかげ」とコメントし「愛してるという言葉を毎日言っても言い足りません。愛してます」という文章を掲載した。

11日、ユ・ソンホはソロアルバム「春、ソンホ」を発売し、本格的な活動に突入した。

 記者 : ユ・チョンヒインターン、翻訳 : 浅野わかな