「手をつないで」ハン・ヘジン、キム・テフンに“私を苦しめないで”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=MBC「手をつないで-沈む夕日を眺めよう」放送画面キャプチャー

「手をつないで-沈む夕日を眺めよう」で、キム・テフンがハン・ヘジンのもとを訪れた。

26日に韓国で放送された、MBCドラマ「手をつないで-沈む夕日を眺めよう」では、ソクジュン(キム・テフン)がヒョンジュ(ハン・ヘジン)に「ごめんなさい」と謝った。

ソクジュンは「ヒョンジュさんの顔があまりにも蒼白しているから、僕の息が詰まりそうな程です。痛いわけじゃないですよね? 僕のせいで、ただ腹が立っているんですよね」と話した。これに対しヒョンジュは「だから私を苦しめないでください。化粧までして可愛くして待っていたんですから」と答えた。

ソクジュンは「怖かったんです。自分は愛が何かもわからずに生きてきた人間です。自分の心の中に愛の感情なんてありませんでした。ただヒョンジュという女性に会いに行かなければということがとても怖かったんです」と吐露した。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな