SHINee テミン「ダンスへの情熱が消えていた時に『WHYNOT ザ・ダンサー』に出会った」

写真=10asia

JTBC4 新バラエティ番組「WHYNOT ザ・ダンサー」に出演するSHINeeのテミンが「ダンスに対する情熱が冷めて来た時にこの番組に出会った」と告白した。

テミンは2日午後、ソウル麻浦(マポ)区上岩洞(サンアムドン)のJTBC社屋で開催された制作発表会で「ダンスに対する情熱が消えていったと感じた時があったけれど、この番組を通して楽しみをよりたくさん見つけた」と話した。番組に共に出演したSUPER JUNIORのウニョクとHighlightのイ・ギグァンについては「自分がダンスが好きだったことを思い出させてくれた人たち」と説明した。

彼は「ダンスに対する情熱が消えたという言葉を否定的な感じで受け止められるかもしれないと考えた」と話し「ダンスを踊る時も幸せだったが、いつもダンスだけを好きでいられる訳ではなのい。周りから他の楽しさを感じていた矢先にこの番組に出会った。番組を通してダンスに対する楽しさがまた蘇った気分だ」と説明した。

「WHYNOT ザ・ダンサー」はテミン、ウニョク、イ・ギグァンがアメリカのLAで現地のダンサー達と共にパフォーマンスを完成する過程を描く。韓国で5日から毎週土曜日午後8時30分に放送される。

 記者 : イ・ウノ、翻訳 : 浅野わかな、写真 : チョ・ジュンウォン