「スイッチ」チャン・グンソク、拘置所から脱出…危険な状況に

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=SBS「スイッチ-世界を変えろ」放送画面キャプチャー

SBS水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ(以下「スイッチ」)でチャン・グンソクが拘置所の脱出に成功した。

昨日(10日)韓国で放送された「スイッチ」で、サ・ドチャン(チャン・グンソク)は拘置所で突然失神し、応急室に移動させられる途中に脱出した。クム・テウン(チョン・ウンイン)はキム室長(ソン・ウォンソク)にサ・ドチャンの後を追わせ、彼を殺害する直前までいったが、どうしたことかサ・ドチャンは助かった。

あらかじめ準備された計画のおかげだった。これまでサ・ドチャンは、自身が脱出する状況を先に計画し、現場に人々を使わし、おかげでキム室長から逃げ切り命が救われた。サ・ドチャンは「ペク検事、あんまり残念に思わないで欲しい。全ては僕のシナリオ通りになるから。僕はもう何も失わない。オ・ハラ(ハン・イェリ)も、あなたも」と話した。

その時刻、オ・ハラはサ・ドチャンが脱走したという知らせを聞き、急いで検察庁を抜け出した。彼女はサ・ドチャンからの連絡がないため、クム・テウンに屈辱を受けたのではないかと心配し、苛立った。

 記者 : イ・ウノ、翻訳:浅野わかな