SM、ベトナム企業と戦略的提携へ…締結式にはイ・スマン代表&NCT テヨン&マーク&ジョニーらが出席

写真=SMエンターテインメント

SMエンターテインメントが10日、ベトナムのリテイル・ライフスタイル企業のIPPグループと、ベトナム市場進出および共同事業推進のためのMOU(国際交流協定)を締結した。

SMエンターテインメントは躍動的に成長しているベトナム市場に本格的に進出し、IPPグループとの戦略的提携を通して、エンターテインメントと広告事業、メディア、ライフスタイルなど多様なグローバル事業を推進する計画だ。

SMコミニュケーションセンターで行われた今回のMOU締結式には、SMエンターテインメントのイ・スンマン総括プロデューサー、キム・ヨンミン総括社長、ハン・セミン代表、NCT テヨン、マーク、ジョニー(SMエンターテインメント所属)、IPPグループのJohnathan Hanh Nguyen会長、Le Hong Thuy Tien総括社長、Phillip Nguyen副社長などが参加し、その場を輝かせた。

SMエンターテインメントはIPPグループとの戦略的提携を通して、SMエンターテインメント所属アーティストのベトナム進出と、現地アーティスト発掘及び育成を通した、V-POPコンテンツ製作をはじめに、多様な映像番組の製作、広告代行事業及びライフスタイル事業を本格的に推進する。

SMグループのキム・ヨンミン総括社長は「ベトナムのIPPグループはベトナム最大のブランド・リテイル・ライフスタイルグループで、戦略的協力を通して、多様なコンテンツとブランドをよく育てていくことのできる、最上の事業パートナーだと考えている。IPPグループとの事業協力は、東南アジア市場の最も重要な国家の内の一つであるベトナムで、SMエンターテインメントの事業進出において大きな第一歩となる。またSMエンターテインメントは、ベトナム現地のアーティストを発掘し、SMエンターテインメントの力量を通してグローバルスターに成長させる計画だ」と話した。

SMエンターテインメントとMOUを締結したベトナムのIPPグループは、約32年間で全投資額5億ドル以上の規模で投資及び開発することを通して、数多くの事業を成功的に行なっている会社で、カルティエ、ロレックス、バーバリー、フェラガモ、ドルチェ&ガッパーナ、ヘネシー、レミーマルタン、カミュ、ドミノピザ、バーガーキングなど、ファッション、ワイン、時計、宝石、香水、化粧品及びファーストフードのような、90を超える世界的なブランド商品を、ベトナムの全地域と空港に独占配給している。

またIPPグループは、過去30年間運営して来た免税及び空港事業の強みを基にし、年間600万~800万規模の乗客を収容可能なCam Ranh国際ターミナルに投資し運営するCRTC(Cam Ranh International Terminal Joint Stock Company)の大株主だ。このプロジェクトは6月に始まり、運営される予定だ。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな