ソン・ジヒョ、映画「興奮した雄牛」出演決定…マ・ドンソクと夫婦役で新しい挑戦へ

写真=My Company

ソン・ジヒョが次期作を通して、スクリーンに帰ってくる。

所属事務所 My Companyは「ソン・ジヒョが映画『興奮した雌牛』への出演を確定した。ソン・ジヒョの新しい挑戦と変身にたくさんの応援をお願いしたい」と明らかにした。

ソン・ジヒョは今回の映画で“ドンチョル”(マ・ドンソク)より気の強い女性、拉致事件に巻き込まれる“ジス”役を演じる。作品の中の事件の始まりを知らせるキャラクターであり、前作より強力ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性)な魅力を披露するだけに、より関心が高まっている。

アクションスターのマ・ドンソクをはじめとし、ム・ソンオ、キム・ミンジェ、パク・ジファンなど忠武路(チュンムロ)新スティーラー俳優たちが意気投合した“スペシャル作品”に事件の始まりを知らせるキャラクターで参加することになり、彼らとどんな相乗効果を見せてくれるのか、期待が集まっている。

「興奮した雌牛」は一度興奮すれば恐ろしく豹変する“ドンチョル”(マ・ドンソク)が拉致された夫人“ジス”を助けるために繰り広げる、痛快なアクション映画だ。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな