RAINの意味深な表情…新ドラマ「スケッチ」のメインポスター&スペシャルイメージ公開

写真=JTBC

JTBC新金土ドラマ「スケッチ」のメインポスターとスペシャルイメージの2種が公開された。

「スケッチ:明日を描く手」(以下スケッチ、脚本:カン・ヒョンソン、演出:イム・テウ)は決められた未来を変えるために奮闘する人々のストーリーを盛り込んだ、捜査アクションドラマだ。恋人を失った捜査一課のエース刑事と、72時間以内に起きる未来の出来事を絵に“スケッチ”することができる女刑事が一緒に協力し、捜査を繰り広げて殺人事件を追う物語だ。

16日に公開されたポスターではまず「72時間、描かれた運命に立ち向かわなければならない!」という強力なキャッチコピーでお互い目的は違えど、それぞれのやり方できめられた未来に立ち向かう4人のストーリーを予告している。またイメージの上に微かに描かれたスケッチは彼らが直面している現在なのか、または彼らが直面するであろう未来を予測した絵なのか、疑問を呼び起こしている。

何よりも愛する人の死を防ぐために未来を変えようとするカン・ドンス(RAIN)、生きるべき理由を探すために未来を守ろうとするキム・ドジン(イ・ドンゴン)、未来を描く能力で人々の死を防ごうとするユ・シヒョン(イ・ソンビン)、そして未来を追求するミステリーな人物チャン・テジュン(チョン・ジニョン)。この4人の人物がどんな理由で、そしてどんな方法で描かれた未来の運命に立ち向かうことになるのか期待される。

スケッチで表現された強い印象のスペシャルイメージもまた、ドラマと人物に対する興味をそそる。ドラマの中でシヒョンが描くスケッチのように、繊細に描写された事件現場の手がかりとポスターの中心を握っているカン・ドンスとキム・ドジン、ユ・シヒョン、チャン・テジュンの肖像画。特に、人物の目から感じる様々な感情は、描かれた運命に立ちかうそれぞれの事情が何なのか興味が沸くものとなっている。

ドラマ関係者は「4人のキャラクターと彼らの事情に好奇心をそそるメインポスターとスペシャルイメージが公開された。似たような運命でお互い違う道を選んだ2人の男RAIN、イ・ドンゴン。そして、未来を予知する能力を持ち、彼らの側で共に事件に深く関与するイ・ソンビン、チョン・ジニョンとの対立と彼らが作っていく呼吸に期待して欲しい」と話した。

「スケッチ」は25日金曜日午後11時に韓国で初放送される。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな