ASTRO ジンジン、プロジェクトシングル「Like a King」を公開…DOK2が作曲&Superbee&myunDoがフィーチャリングに参加

写真=Fantagio

Fantagio Musicプロジェクト「FM201.8」の5番目の主人公が、ASTROのメンバー ジンジンだと明らかになった。

本日(23日)Fantagio Musicは「ジンジンが午後6時にプロジェクト『FM201.8』の5つ目の音源『Like a King』を発表する」と明らかにした。

「Like a King」はRachetタイプのビートの上に、題名のように「あたかも王になったように歩き、王になったように話せ」という内容が込められた。1LLIONAIRE RECORDSのDok2が作曲と編曲を請け負い、Mnet「SHOW ME THE MONEY」を通じて注目されたラッパーのSUPERBEEとmyunDoが、感覚的なラップで魅力を加えた。

また「Like a King」は、Fantagio Musicから初めて披露するヒップホップジャンルの曲だ。ジンジンが今まで見せられなかった、ヒップホップに対する愛情を感じることができる曲だ。

特に、ジンジンが投げかける直接的なメッセージと自由さ、しっかりとした抱負は、聞く人に妙なカタルシスを感じさせる。

Fantagio Musicのアーティストたちの“音楽的信号”を伝達する周波数を意味するプロジェクト「FM201.8」は、先立ってHELLOVENUSのアリスが、本名のソン・ジュヒとして「つまらない年頃」を発表して始まった。引き続き、ASTROのメンバーであるユン・サナとシンガーソングライターのBily Acoustieが「よく知りもしないくせに」を、HELLOVENUSのソヨンとヨルムが「It’s Up To You」を、Weki MekiのソヨンとASTROのムンビンが「言語領域」をそれぞれ発表した。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな