TST(TOPSECRET)キョンハ、強制わいせつで有罪判決…所属事務所は控訴

写真=10asia

強制わいせつの疑いが持たれているTST(TOPSECRET)のキョンハが、一審で有罪判決を受けた中、所属事務所が無実を訴え、控訴状を提出したと明らかにした。

キョンハは2014年12月頃、同い年の女性を相手に強制わいせつをした疑いで、昨年女性に訴えられた。裁判部は24日、キョンハに対して懲役1年6ヶ月、執行猶予3年を宣告し、40時間の性暴力治療プログラムの履修を命じた。

これに関連し、所属事務所のJSLカンパニーの関係者は31日、10asiaに「キョンハがAさんに対し強制わいせつをした事実はない。既に控訴状を提出した状態だ」と明らかにした。関係者はまた「TST(TOPSECRET)がカムバック活動を開始し、いくらも経たない状況でこのようなことが起き、キョンハとメンバーたちが傷ついているのではないか懸念している」とつけ加えた。

キョンハが所属するTST(TOPSECRET)は昨年1月にデビューし、「She」「MIND CONTROL」などの曲で活動してきた。23日に新曲「LOVE STORY」を発売し、活動中だ。

TST(TOPSECRET)、キョンハの強制わいせつ報道により本日放送の「M COUNTDOWN」不参加を決定

TOP SECRET ギョンハに「セクハラ論争」…所属事務所がコメント発表

記者 : イ・ウノ、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン