SHINee「M COUNTDOWN」でカムバックステージを初披露!振り付けは日本人振付師の菅原小春が担当

写真=SMエンターテインメント

SHINeeの新曲ステージが本日(31日)、Mnet「M COUNTDOWN」で公開される。

SHINeeは本日(31日)午後6時に韓国で放送される「M COUNTDOWN」で、6thフルアルバムの最初のタイトル曲「Good Evening」と、収録曲「All Day All Night」のステージを飾る。28日のアルバム発売以降、初の音楽番組でのステージだ。

「Good Evening」は、椅子を活用した多様な動作で構成されたパフォーマンスが話題を集めた。テミンのソロ曲「MOVE」のパフォーマンスを製作した、日本の有名振付師 菅原小春がダンスを振り付け、完成度を高めた。

「All Day All Night」は、デビュー10周年を迎えたSHINeeが、これからより一層成長した音楽と姿を見せたいというメッセージを込めた歌だ。早いリズムに合わせて、華やかなステップとパワフルで節度ある動きでステージを飾る。

SHINeeは「M COUNTDOWN」をはじめ、6月1日にはKBS 2TV「ミュージックバンク」、2日にMBC「ショー 音楽中心」、3日にはSBS「人気歌謡」などに続けて出演する。

 記者 : イ・ウノ、翻訳:浅野わかな