東方神起、職業体験2日目が終盤に…ユンホ&チャンミンに訪れるミッションとは?

写真=SMエンターテインメント

東方神起、初のリアルバラエティ番組「東方神起の72時間」で、東方神起が職業体験の3日目の最後の勤務を控えている。

11日に放送された19話では、ユンホはトイレに行った後、後処理に困っている子供の世話をする中で幼稚園の先生になって以来、最大の難関にぶち当たった。しかし、落ち着いて対処し、サンセ(山鳥)組の頼もしい先生となった。これで2日目の勤務を無事に終えた。

12日に放送された20話では、末っ子シェフの役割を正確にやり遂げ、2日目のディナータイムを終えるチャンミンの話が放送された。15人分のスタッフの食事を準備しなければならないミッションを受けることになり、その日家に帰ってきたチャンミンは、メニューを鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)に決めた。思ったより簡単なレシピに自信を表わした。

13日に公開される21話では、2人のメンバーが勤務最後の3日目を迎える。子供たちと最後の1日を幸せに送るために努力するユンホと、同僚シェフらとなじむように挨拶を交わし、やるべき仕事をてきぱきやり遂げるチャンミンの姿を見ることができる。

「東方神起の72時間」は毎週月~水曜日午前11時からNAVER「V LIVE」および、NAVER tvで公開され、TV放送では毎週月曜日午後8時XtvNを通じて韓国で放送される。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 藤本くみ子