JYJ ジェジュン「フォトピープル」で“兄の魅力”をアピール…流行語クイズに苦戦する姿も?!(動画あり)

写真=放送キャプチャー

ウェブバラエティ「フォトピープル in 東京」で、JYJ ジェジュンがINFINITE ウヒョン、「プロデュース101」出身ユ・ソンホ、MXM イム・ヨンミンを相手に“兄の魅力”を誇った。

ジェジュンは先日(18日)韓国で放送された「フォトピープル in 東京」で、東京にある宿舎に到着し、弟分のウヒョン、ユ・ソンホ、イム・ヨンミンと会った。

この日の放送でジェジュンは、顔見知りだったウヒョンと嬉しそうに挨拶を交わした。続いて、ユ・ソンホが自身がデビューした時に2才であったという話を聞いて、衝撃を受けた。衝撃もそこそこに、ジェジュンは人並み外れたコミュニケーション能力で、弟たちと親しくなった。

ジェジュンとフォトクルーは、本格的な同居生活を始めた。先に宿舎に到着して部屋を選んだジェジュンは、選んだ部屋が一人部屋でないという事実に「先に来た意味がないね」と失望した。ジャンケンで慌てて部屋を交替した彼は、同じ部屋を選択したウヒョンに譲ってやり、一番上の兄としての姿を見せた。結局、ユ・ソンホとルームメートになった彼は、末っ子の衝撃的な宿舎生活に驚きに耐えなかった。

また、ジェジュンは流暢な日本語スキルを誇って配達アプリで寿司を注文し、弟たちの感心を呼んだ。その後、最近の学生たちが好んで使う略語が気になるジェジュンは、弟たちに“若者クイズ”を要望した。「カップンサ(突然雰囲気がヒンヤリする)」が何の意味なのか尋ねられると、「軽く、サクサク?(韓国語でカップナゲ サシャサク)」と答えて周りを爆笑させた。

「フォトピープル in 東京」は、毎週月・水曜日午後5時に、NAVER TVとNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて公開される。

記者 : ユ・チャンヒ、翻訳 : 安裕美