「人狼」ハン・ヒョジュ、クールな表情のスチールカットを公開…“強い生存意志があるキャラクター”

写真=AndCredit

キム・ジウン監督の新作「人狼 JIN-ROH」で、赤ずきん少女の姉を務めたハン・ヒョジュのキャラクタースチールが公開された。

映画「人狼」は、韓国と北朝鮮が統一準備5ヶ年計画を宣言した後、絶対権力機関間の息の詰まる対決の中、狼と呼ばれる人間兵器“人狼”の活躍を描いた作品だ。ハン・ヒョジュは「人狼」で最精鋭特技隊員“イム・チュンギョン(カン・ドンウォン)”の心を揺さぶるイ・ユニを通じて、より深まったスペクタルを見せてくれる。

イ・ユニは統一宣言後に直面した経済危機により、事業に失敗して死んだ父から譲り受けた小さな本屋を営みながら、一人で暮らす人物だ。イム・チュンギョンの目の前で死んだ赤ずきん少女の姉として、妹の遺品を渡すために訪ねてきたイム・チュンギョンに惹かれる。

イム・チュンギョンが特技隊員という事実を知るが、互いに立場が違うだけで彼の過ちではないと話し、イム・チュンギョンから人間の心を呼び覚ます。

ハン・ヒョジュは「イ・ユニは混沌の時期に、どうにかして生き残らなければという生存意志を持つキャラクターだ。複合的な感情を持つキャラクターとして毎瞬間、その場面で起こるモノの感じを表わそうと努力した」と明らかにした。

「人狼」は7月25日に韓国で公開される。

記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 安裕美