VIXX エン、日本ファンパーティ「えん返し」成功裏に終了…特別な時間にファン感激

写真=Jellyfishエンターテインメント

VIXX エンが日本の5つの主要都市で、ファンパーティを成功裏に終えた。

エンは今月に誕生日を迎え「えん返し 2018 Take a trip to Japan」という題名で、10日から18日まで日本の札幌・名古屋・大阪・福岡・東京で、合計10回にかけてファンに会った。

所属事務所Jellyfishエンターテインメントの関係者は「エンは今回、ファンミーティングの企画からステージの進行まで、すべての過程に参加する熱意を見せた。台本の構成から衣装まで細かく準備した」と知らせた。

エンは今回のファンミーティングで多様なイベントと共に、自作曲を歌い歓呼を得た。昨年、日本で発表した「サボテン」をはじめとし、VIXXの3rdフルアルバム「EAU DE VIXX」の収録曲であり、エンが作った自作曲「似ている」も歌った。合わせて未発表となった新曲であり、自ら作詞・作曲した「いざこざ」も初めて公開して歓呼を得た。

Jellyfishエンターテインメントの関係者は「エンはステージの上で通訳者無しで、ファンと直接疎通して会話をした。自ら書いた手紙でファンに感動を贈った」と説明した。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 安裕美