TWICE「オリコン2018上半期音楽ランキング」シングル部門8位と9位に…韓国&海外アーティストで唯一ランクイン

写真=JYPエンターテインメント

TWICEがオリコン上半期決算でシングル部門8位と9位を記録した。韓国はもちろん、海外アーティストを合わせて、シングル部門トップ10に唯一名前を掲げた。

オリコンは25日、昨年12月25日から6月18日までを集計基準に、2018年の各部門の上半期ランキングを発表した。TWICEは、シングル部門で2月に発表した日本2ndシングル「Candy Pop」、5月にリリースした日本3rdシングル「Wake Me Up」がそれぞれ34万224ポイント、34万207ポイントを取得して8位と9位に上がった。TWICEは、日本を代表するガールズグループAKB48と一緒にトップ10に2つの楽曲をランクインさせたアーティストにもなった。

TWICEは昨年6月にデビューベストアルバム「#TWICE」、10月に日本1stシングル「One More Time」、今年2月に日本2ndシングル「Candy Pop」で日本レコード協会から3連続プラチナディスクに認定された。また日本3rdシングル 「Wake Me Up」 では、海外女性アーティスト史上初のシングルでのダブル・プラチナ認定となった。

このような人気に力づけられ、TWICEはJYPエンターテインメントの代表パク・ジニョンともう一度手を組み9月12日、日本で初めてのフルアルバムを発表する予定だ。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 藤本くみ子