ソヒョン&キム・ジョンヒョン主演「時間」第1弾予告映像を公開…緊張感高まる映像に注目(動画あり)

写真=予告映像キャプチャー

MBCの新しい水木ドラマ「時間」(脚本チェ・ホチョル、演出チャン・ジュンホ)の1次予告映像と予告ポスターが公開されて話題だ。

25日に韓国で初放送される「時間」は、誰にでも与えられた唯一の時間と決定的な瞬間毎に、それぞれ違った選択をした4人の男女が、過ぎ去った時間の中で絡まる話を込めた。

「時間」でキム・ジョンヒョンは、時間を止めたい男チョン・スホ役を、ソヒョンは止まってしまった時間の中に、たった一人で残された女ソル・ジヒョン役を担った。キム・ジュンハンとファン・スンオンはそれぞれ、帰ってくることはできない時間を超えた男シン・ミンソクと、操作された時間の裏に隠れた女ウン・チェアを演じる。

昨日(4日)公開された「時間」の1次予告映像では、一寸の先すら見えない各自の時間の中をさ迷うキム・ジョンヒョン、ソヒョン、キム・ジュンハン、ファン・スンオンの姿がおさめられた。闇で閉ざされた空間、一筋の光を辿って歩いて行くキム・ジョンヒョンとソヒョンの姿の中に「誰にでも与えられた、だが、誰にも与えられなかった」というキム・ジョンヒョンのナレーションと共に映像が始まった。

「止めたかった、だが、誰も止めることができなかった。時間はすでに…」というソヒョンと「流れ始めた」というキム・ジョンヒョンのナレーションが続いた。続けて、目をそっと閉じているキム・ジョンヒョンと、目を閉じたまま涙を流すソヒョン、無表情なキム・ジュンハンとファン・スンオンが登場した。重い沈黙の中に立っている姿が好奇心を掻き立てる。続いて、道路のど真中を暴走するキム・ジョンヒョンと、闇の中でうずくまり佗びしく号泣するソヒョンの姿が繰り広げられ、緊張感を醸し出した。

写真=MBC

また「時間」の予告ポスターも公開された。暗い水の中を背景に、懐中時計が泡をたてながら沈む姿がおさめられている。製作スタッフによると、重力をあまり受けない“水の中”は、劇中の人物が望む“止めたい時間”を象徴するという。また、落ちていく懐中時計は、それでも“止めることはできない時間“を現わしているという。

製作陣は「主人公4人組が登場する初めての予告映像と予告ポスターを通じて、ついに『時間』がベールを脱いだ。初めての予告映像はお試しに過ぎない。逆転に逆転を繰り返し、濃いメロを披露する『時間』に期待してほしい」と付け加えた。

「時間」は、「秘密」「仮面」で緻密な筆力を認められたチェ・ホチョル作家と「恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~」「ホテルキング」を演出したチャン・ジュンホ監督のシナジー(相乗効果)が期待される作品だ。「こっちに来て、抱いて」の後続で放送される。

記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 安裕美