アン・ヒョンモ「同時通訳がきっかけで防弾少年団のファンになったけれど…」

写真=KBS

「ビルボード・ミュージック・アワード」、米朝首脳会談などの同時通訳を担当して話題を集めたアン・ヒョンモが、防弾少年団のファンになったと告白した。

5日に韓国で放送されるKBS 2TVの「ハッピートゥゲザー3」は「興行突風 人気女特集」で飾られる。記者出身の通訳者アン・ヒョンモ、タレントのパク・キョンリムとキム・ジヘ、歌手のJessiが出演する。

最近進行された収録でアン・ヒョンモは「ビルボード・ミュージック・アワード」の通訳を準備して、防弾少年団に「イプドク(オタクになる=ファンになる)した」と明らかにした。「それ以降も防弾少年団の映像をずっと見るようになった」という。

また、アン・ヒョンモは防弾少年団のファンとして過ごしながら、BRANDNEW MUSICの代表である夫Rhymerの顔色を見るようになったと打ち明けた。アン・ヒョンモは「防弾少年団の歌を口ずさんでいても、(夫が見えると) BRANDNEWメドレーを歌う」として笑いを誘った。

米朝首脳会談での通訳秘話も聞くことができた。アン・ヒョンモは「米朝首脳会談当時『米朝首脳会談』 『金正恩(キム・ジョンウン)』に続き、リアルタイム検索ワード3位に私の名前があがって怖かった」と明らかにした。

「ハッピートゥゲザー3」はこの日の午後11時10分に韓国で放送される。

記者 : イ・ウンホ、翻訳 : 安裕美