“Girl’s Dayの弟分”D- CRUNCH、8月6日にデビュー決定!デビューシングルは全てメンバーの自作曲

写真=ALL-S COMPANY

Girl’s Dayをプロデュースした、イ・ジョンソク代表が新たにプロデュースする新人ボーイズグループ「D-CRUNCH」が8月6日にデビュー日を確定した。

本日(16日)、ALL-S COMPANYは「D-CRUNCH」のシルエット写真とデビュー日を公開し、8月6日のデビューを公式発表した。

「D-CRUNCH」は、ヒョヌク、ヒョノ(ヒョンホ)、ヒョヌ、ヒョノ(ヒョンオ)、O.V、ミニョク、チャニョン、ディラン、ジョンスンで構成された9人組ボーイズグルーウプだ。グループ名は、DIAMOND-CRUNCHの略語で、地球上で最も固い物体であるダイヤモンドを壊す程の強力なパフォーマンスとインパクトのある音楽を披露するという意味を込めている。

ALL-S COMPANYによると、メンバー自身が作詞・作曲はもちろんダンスまで手掛け、デビューシングルはすべて自作曲で構成される予定だ。

特に、先立って公開されたユニット「給食団」はNAVERミュージシャンリーグに参加し、最終の6チームに選ばれ、10日には自作曲「給食」を先に公開し、機転が利くラップとメロディで注目を集めた。

「D-CRUNCH」はデビューを控えて準備に拍車を掛けている。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 藤本くみ子