ミンソ、7月23日に新曲「ZERO」を発表…新しい世界観を表現

写真=MYSTICエンターテインメント

歌手ミンソが23日に新曲「ZERO」を発表する。

「ZERO」はゲームファンタジーをコンセプトにした曲で、ミンソの心地よい歌唱が引き立つ。初めに存在していた何かを探して旅立つという内容で“ゼロ”の状態である本来の姿を見つけてこそ見ることのできる、新しい世界観を表現した。

「The Grand Dreams」「Is Who」を作った作曲家イ・ミンス、作詞家キム・イナのコンビが再び合作した。ファン・スア監督が「ZERO」のミュージックビデオを演出した。キム・イナは自身のSNSを通じて「どれだけやってみたかったか、ゲームファンタジーっぽいコンセプト音楽。ゲームオタクとして幸せだった」と明らかにした。

所属事務所のMYSTICエンターテインメントは「発表した曲ごとに多彩な魅力を見せるミンソは、今回のコンセプトの強い音楽もピッタリとやりこなし、広い音楽的スペクトルを誇った」と話し、「再びミンソの音楽的な新鮮さと驚きを見せるだろう」と伝えた。

記者 : イ・ウンホ、翻訳 : 安裕美