SEVENTEEN、日韓米のチャートを席巻!オリコンからビルボードまで“驚異の記録”

写真=Pledisエンターテインメント

SEVENTEENが国内を越えて海外でも人気街道まっしぐらだ。日本のオリコンとアメリカ・ビルボードが作成する各種チャートで上位圏に名を挙げた。

27日ビルボードによれば、SEVENTEENが16日に発売した5thミニアルバム「YOU MAKE MY DAY」はビルボードのワールドレコードチャートで3位を記録したのに続き、Heatseekersアルバムチャートでも7位にランクインした。

Heatseekersチャートは新人または浮上しているアーティストのアルバム販売量の集計を反映する。“浮上しているアーティスト”とは、メインアルバムチャートである「ビルボード200」で100位中に上がったことがなく、各ジャンル別チャートで10位中に入った履歴がない歌手を示す。SEVENTEENは2月に発売したスペシャルアルバムが「Director’s Cut」でこのチャートに初めて入り、6ヶ月ぶりにこのチャートに再び入った。

これに先立ち14日には、デビュー後初めてアーティスト100チャートにも上がった。アーティスト100は歌手の人気を計る主なチャートの中の一つで、音源およびアルバム販売量、ラジオ放送回数、SNSを通したファンたちの相互作用などを総合して順位を集計する。ビルボードは「SNSの活動成績が圧倒的だった」と評価した。SEVENTEENがカムバックを控えて公開した予告イメージと映像が、SNSなどに多く公開されてチャート入りを導いたという分析だ。韓国歌手がアーティスト100に名前を挙げたのは防弾少年団、EXO、BLACKPINKなどに続き今回が8度目だ。

それだけでなくSEVENTEENはアルバム「YOU MAKE MY DAY」で19日に発表されたアメリカのiTunesトップアルバムチャートで7位を記録した。国内歌手のうち唯一10位圏内に入っただけでなく、アメリカ出身でない海外歌手の中でも最も高い順位に上がった。フィンランド、インドネシア、マレーシアでは1位、シンガポール、台湾、ベトナムなどでは2位にランクインした。

日本でも活躍は続いた。SEVENTEENは今回のアルバムでオリコンチャートの海外アルバムチャート1位を記録した。オリコン全体の総合アルバム週間チャートでは4位を記録し、海外歌手最高順位になった。タワーレコード・オンラインデイリーセールス1位、K-POP/ワールドデイリーセールスランキング1位、HMVオンラインショプCD・DVD部門でも1位を占めた。

国内ではカムバック1週間で27万4000枚余りの販売量を記録した。2月に発売したスペシャルアルバムより2倍以上多い販売量だ。昨年出した2ndフルアルバムよりも6万枚近く多く売れた。さらに25日に韓国で放送されたMBC「SHOW CHAMPION」で、カムバック後初の1位のトロフィーを手にし、音楽番組での活躍にも期待値を高めた。

SEVENTEENは海外ツアーで熱気を継続させる。6月28から4日間ソウル公演を開催したのに続き、8月31日に香港公演を始めワールドツアーに出る。日本、インドネシア、シンガポール、マレーシア、フィリピン、台湾などを訪れ現地ファンたちと会う計画だ。

記者 : イ・ウンホ、翻訳 : 安裕美