「ミスター・サンシャイン」イ・ビョンホン、キム・テリを切ない眼差しで見つめる

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=tvN「ミスター・サンシャイン」 放送画面キャプチャー

イ・ビョンホンがキム・テリを切ない眼差しで見つめていた。

29日午後、韓国で放送されたtvN週末ドラマ「ミスター・サンシャイン」(脚本:キム・ウンスク、演出:イ・ウンボク)では、ユジン・チョイ(イ・ビョンホン)がエシン(キム・テリ)を見つめるシーンが描かれた。

この日、ユジン・チョイは道でエシンを発見した。近くに行くことができず、検問を受けるために輿から下りるエシンを少し離れた場所で眺めた。

ユジン・チョイはエシンをじっと見つめながら、キム・ヒソン(ピョン・ヨハンを思い出した。エシンの婚約者であるキム・ヒソンが自身の心に気づいて「ひょっとして私の婚約者じゃない?」と尋ねる姿を思い出させたのだ。

エシンを見つめるユジン・チョイの切ない眼差しは、視聴者の胸を詰まらせた。

これに先立ち、ユジン・チョイはエシンに代わって日本軍を制圧した。エシンは自身のために怪我したユジン・チョイをくすり屋でとめどなく待ったが、ユジン・チョイは現れなかった。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 藤本くみ子