ドラマ制作スタッフの死亡受け…韓国・言論労働組合、放送局に声明文を提出“改善対策を直ちに発表するように”(全文)

写真=SBS「三十ですが十七です」放送画面キャプチャー

全国言論労働組合(以下、言論労組)が放送局に、制作現場の長時間労働に対する改善対策を直ちに発表するように声明を出した。

言論労組は本日(2日)、「SBS月火ドラマ『三十ですが十七です』制作スタッフの突然の死亡は、長時間労働問題を疑わざるをえない」とし、番組制作の環境改善のための対策を放送局に促す声明文を発表した。

言論労組は「故人となったスタッフは普段、特別な持病もなかった30歳の元気な労働者であった」とし、「雇用労働部の慢性化と認定労働時間である週60時間を超過し、7月末の5日間、野外で76時間仕事をした」と指摘した。

言論労組は雇用労働部にも、ドラマ制作現場の特別勤労監督の結果を早急に発表することを要請し、放送通信委員会にも番組制作の環境改善のために立ち上がらなければならないと主張した。

言論労組は最後に「今この時間にも、猛暑の中でドラマ制作現場の労働者が叫んでいる」とし、番組制作の環境問題はこれ以上目を背けることはできない問題であることを強調した。

「三十ですが十七です」の該当スタッフは1日に死亡し、SBSは現在警察の死因結果を待っている状況だ。

猛暑での撮影で熱中症・過労死の疑い…ヤン・セジョン&シン・ヘソン主演ドラマのスタッフが死去

【全国言論労働組合 声明全文】

1日、SBS月火ドラマ「三十ですが十七です」制作労働者1人が自宅で死亡したまま発見された。死亡原因はまだ具体的に明らかになっていないが、普段特別な持病もなかった30歳の元気な労働者が突然死した原因に、ドラマ現場の悪名高い長時間労働問題を疑わざるをえない。彼は7月25日から29日までの5日間、野外で76時間に達する労働をしたことが分かった。雇用労働部の慢性であり、認定労働時間は週60時間だ。

ドラマ制作はいつも追われるように進行され、多くの待機時間と、しっかりと寄りかかって身体を休める空間さえ準備されていない時が多数だ。危険な構造物と環境の中で、正しくなされた安全装置もなく仕事をしている。殺人的な超過労働の中断、昼休みと休憩時間の保障、夜間撮影終了時の交通費と宿泊費の支給、不正な請負契約の慣行打破、勤労契約書の作成などが番組制作現場の労働者の主な要求だ。

延長勤務を含んで週に最大68時間仕事ができるという法が、52時間に変わったのが先月だ。さらに放送業は特例業種から抜け出て間もないため、施行時期が1年以上遅れた。だが、現場では堂々と労働時間を守らないでいる。いつまで制作現場は例外でなくてはならないのか。その上、政府は労働時間短縮に関し、6ヶ月間取り締まりや処罰をしないとした。正常は猶予され、例外だけ継続されている。政府は一日でも早く猶予を撤回し、週52時間の労働時間の遵守に先駆けなければならない。

放送局は、外注制作会社の労働実態を把握し、制作現場の労働者保護のために、猛暑など無理な野外労働に対する指針を準備、監督しなければならない。また、中途半端な労働時間短縮の議論に積極的に乗り出し、自社と外注社両者に適用されるようにしなければならない。放送局は、番組制作現場の長時間労働の改善対策を直ちに発表しなさい。

最後に、雇用労働部は答えてください。2月に全国言論労働組合が共にした、ドラマTFの要求により実施したドラマ制作現場の特別勤労監督の結果を一日も早く発表しなさい。放送通信委員会も、事故が頻繁にある番組制作の環境改善のために立ち上がらなけならない。番組制作の環境問題からこれ以上目を背けないで下さい。今この時間にも、猛暑の中でドラマ制作現場の労働者は叫んでいる。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 藤本くみ子