GOT7 ジャクソン、米「Teen Choice Awards」で受賞者に選定!“中国人初の快挙”

写真=10asia DB

GOT7のジャクソンが、アメリカの「Teen Choice Awards」で受賞という栄誉に輝き、“グローバルスター”としての存在感を証明した。

ジャクソンは12日(現地時間)、アメリカのカリフォルニア、イングルウッドにあるザ・フォーラムで開かれた「2018 Teen Choice Awards」で「Choice Next Big Thing」部門の受賞者に選ばれた。

「Teen Choice Awards」は毎年アメリカのFOXエンターテインメントが開催する授賞式で、今年20回目を迎えた。満13~19歳の青少年の投票でエンターテインメント各分野の受賞者を選定している。

特にジャクソンは、この授賞式で中国人では初めて受賞の栄光を手にしたことが分かり、より一層話題になった。GOT7のメンバーとしてだけでなく、ソロ活動でもグローバル市場で幅広い愛情を受けているジャクソンの影響力を立証したのだ。

ジャクソンは「Teen Choice Awards」だけでなく、これまで多くの海外授賞式で受賞してきた。2017年には「Esquire Man At His Best Awards 2017」「NetEase Attitude Awards 2017」「iQiYi Scream Night 2018」「Tencent Star Awards 2017」「MIGU Music Awrads 2017」などの様々な授賞式で受賞の栄光を手にし、高い人気を証明した。

ソロアーティストとしても活躍を広げているジャクソンは、昨年8月に中国で1stソロ曲「PAPILLON」を発表し、現地音楽チャートであるQQミュージックチャートで5日連続で1位を記録した。同年12月に発表した2ndシングル「OK(Okay)」はQQミュージックチャートおよびYinYueTai MVチャートで1位はもちろん、海外4地域でiTunesチャートのトップに上った。

ジャクソンが所属するGOT7は5月4日から6日までの3日間、ソウル松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれたワールドツアー「GOT7 2018 WORLD TOUR <EYES ON YOU>」の初公演を盛況裡に終えた。続いてバンコク、マカオ、モスクワ、ベルリン、パリ、台北、ジャカルタ、トロント、LA、ヒューストン、ニューヨーク、メキシコシティ、ブエノスアイレス、サンティアゴ、シンガポールで現地ファンの熱い歓呼を受けて単独コンサートを開催し、24日の香港公演を最後に約3ヶ月と20日間の17都市を回る大遠征を終える予定だ。

記者 : ウ・ビン、翻訳 : 藤本くみ子