SUPER JUNIOR リョウク、除隊後初の「SUPER TV」出演…歌いたかった気持ちを思い切り発散!?

写真=「SUPER TV」シーズン2 放送画面キャプチャー

SUPER JUNIORのリョウクが軍生活の2年間、本当に歌が歌いたかったという胸の内を明らかにした。

本日(16日)韓国で放送されるXtvNのバラエティ番組「SUPER TV」シーズン2に、リョウクが軍生活を終えて初めて合流する。

最近行われた撮影で、リョウクは「除隊したら歌を本当に歌いたかった」と胸の内を告白した。続いて「軍隊で一人でステージに立った時、メンバーたちを何度も思い出した」と話し、SUPER JUNIORのメンバーを切なくさせた。これに対し、メンバー皆が「リョウク、君の不在があまりに大きかったよ。どんな歌でもリョウクの声が必要だった」と応え、リョウクを感動させた。

続いてリョウクは、これまでの歌に対する想いを果たすように、血管をたてて歌を歌い始めた。リョウクは、爆発するテンションを余すところなく噴出させて、歌のメドレーを披露した。だが、意外にも当然バラードを歌うと思っていたリョウクが、トロット(演歌のような大衆楽曲)に思いきり心酔して、メンバーを驚かせた。

しなやかなリョウクの声に感心したイトゥクとドンヘは、リクエスト曲まで伝えて笑いを誘った。それと共に、ドンヘは「リョウクが、会えなかった間に可愛くなった」と言い爆笑したと知らされ、リョウクの新たな姿に対する期待感を高めた。

「SUPER TV」シーズン2は、韓国で毎週木曜日夜8時に放送される。

記者 : ウ・ビン、翻訳 : 安裕美