元SISTER ヒョリン、ヒップホップの祭典「RAPBEAT FESTIVAL 2018」に出演…異例のオファー

写真=bridge

元SISTERのヒョリンが「RAPBEAT FESTIVAL 2018」のステージに上がる。

ヒョリンの所属事務所bridge側は21日、「ヒョリンが9月15日にソウル・高尺(コチョク)スカイドームで開かれる『RAPBEAT FESTIVAL 2018』に参加する」と明らかにした。

大人気のヒップホップミュージシャンが総出動する、韓国国内最大のヒップホップ祭り「RAPBEAT FESTIVAL」にヒョリンが招待を受けたのは異例的な事例で、ダンスとバラードはもちろん、ヒップホップジャンルまで幅広く消化できるアーティストという長所のおかげでオファーを受けたという。

ヒョリンは派手なヒップホップパフォーマンスの実力と、爆発的な歌唱力に劣らない優れたラップの実力まで備えているだけに、今回のフェスティバルでもK-POP界を代表するディーバらしい独歩的なステージで高尺ドームを熱い雰囲気にする見通しだ。

「RAPBEAT FESTIVAL 2018」にはヒョリンの他にもPHONY PPL、DOK2、Zion. T、The Quiett、Swings、CHANGMO、SIK-K、キム・ハウン、VINXEN、Deepflow、Microdot、Paloalto、Punchnelloなどのミュージシャンがステージに上がる。

記者 : ウ・ビン、翻訳 : 藤本くみ子