TWICE、日本で初めてのアリーナツアーが全席即完売…トップガールズグループの“偉大なパワー”

写真=JYPエンターテインメント

TWICEが日本で初めてアリーナツアー全席完売させ、“トップガールズグループ”らしさを証明した。

TWICEは9月12日に日本で発売される1stアルバム「BDZ」の発売を記念し、「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”」を開催する。

日本4都市から合計9回に渡り繰り広げられる今回のツアーは、9月29日と30日千葉・幕張イベントホールをはじめ、10月2日と3日に愛知・日本ガイシホール、12日から14日まで兵庫・神戸ワールド記念ホール、16日と17日には東京・武蔵野村総合スポーツプラザメインアリーナで開かれる。

TWICEは9回の公演を全席即完売させて偉大なチケットパワーを見せた。特に、名古屋公演のチケットはファンの熱い声援に力づけられ、20日の昼の部では立見席まで緊急追加されたが、これもすべて売り切れてTWICEの熱い人気を証明した。

TWICEは昨年6月に日本で正式デビューして以来、たった1年で超高速でアリーナ公演を達成し、より一層意味を加えた。

「BDZ」は「ブルドーザー」の略語で「目の前の大きな壁もブルドーザーのように壊しながら前に進んで行こう」という意味を盛り込んだのが特徴だ。JYPエンターテインメントの、パク・ジニョン代表が作詞・作曲した楽曲だ。先立って公開した「BDZ」の音源は、日本のLINE MUSICでトップ100チャート1位を記録し、21日午前基準でトップを守っている。まるで一編の映画のようなストーリーとともに、愛らしい女戦士に変身したTWICEの魅力を込めた「BDZ」のミュージックビデオも、21日午前11時基準でYouTube再生回数824万回を越え、国内外のファンの大きな愛情を受けているのが分かる。

1stアルバム「BDZ」には、タイトル曲「BDZ」とTWICEが日本で今まで発売してきた3枚のシングルタイトル曲である「One More Time」「Candy Pop」「Wake Me Up」また、2ndシングル「Candy Pop」の収録曲で多くの人気を得た「BRAND NEW GIRL」、TWICEが日本で歌った初めての映画主題歌であり、ジャクソン5の原曲をカバーして話題を集めた「I WANT YOU BACK」、そしてバラードナンバーとアップテンポジャンルなど多彩な新曲「L.O.V.E」「Wishing」「Say it again」「Be as ONE」まで合計10曲が収録される。

5月に発売した日本での3rdシングル「Wake Me Up」が海外女性アーティストのシングル部門で初の「ダブルプラチナ」認証を受け、ベストアルバムから2枚のシングルまで3連続でプラチナ認証を受けるなど、日本デビューから約1年で“アジアトップガールズグループ”としてそびえ立ったTWICEが、1stアルバム「BDZ」でまた、日本でどんな新しい記録を打ち立てるのか注目が集まる。

記者 : ウ・ビン、翻訳 : 藤本くみ子