チョン・ソミン、新ドラマ「空から降る一億の星」スチールカット公開…広告デザイナーに変身

写真=tvN

女優チョン・ソミンが清楚な広告デザイナーに変身した。9月26日に初放送されるtvN新水木ドラマ「空から降る一億の星」で登場する。

「空から降る一億の星」は 怪物と呼ばれる危ない男キム・ムヨン(ソ・イングク)と彼と同じ傷を持つ女性ユ・ジンガン(チョン・ソミン)、そしてムヨンに対抗する彼女の兄ユ・ジングク(パク・ソンウン)に降り掛かった衝撃的な運命のミステリー恋愛ドラマだ。2002年にフジテレビで放送された同名ドラマを原作とする。

チョン・ソミンは、ムヨンの安らぎの存在になりたいと願うユ・ジンガン役を演じる。率直な魅力と美貌まで兼ね備えた広告デザイナーで、おとなしい性格だ。

本日(21日)公開されたスチールカットには、清楚で爽やかな魅力を放つチョン・ソミンの姿が写っている。デザインブックを持って仕事に没頭している。

最近、初めての撮影を終えたチョン・ソミンは「初めて台本を受けた時にあったユ・ジンガンのセリフの中で『人は誰でも初めは白紙だ。自分が何かも分からない。周りがどのように話をしてあげるかによって良い人になることもできるし、悪い人になることもできる』という部分が記憶に残っている」と伝えた。それと共に「私が見るユ・ジンガンも、自分だけの価値観をはっきりと持っている人物で、それがとても大きい強みだと思う」として期待を高めた。

ソ・イングク×チョン・ソミン、新ドラマ「空から降る一億の星」初撮影の現場公開

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 藤本くみ子