「ラブリー・ホラーブリー」Highlight イ・ギグァン、隠された事情が明らかに

写真=放送画面キャプチャー

「ラブリー・ホラーブリー」でHighlight イ・ギグァンの秘密が明らかになった。

21日に韓国で放送された「ラブリー・ホラーブリー」では、劇中でドラマプロデューサーのイ・ソンジュン役を担うイ・ギグァンの隠された事情が明かされた。

ウルスン(ソン・ジヒョ)の家を訪れたソンジュン(イ・ギグァン)は近所の人たちに、フィリップ(パク・シフ)とウルスンの家にあるリンゴの木が、二人の運命のように絡まっていると聞いた。

何より、この場面でソンジュンが話を交わした近所の老人は幽霊だった。彼には幽霊が見えるという事実は、視聴者たちをゾッとさせた。

さらにソンジュンが“ウルスン一筋”になった理由も公開された。ソンジュンは幼い頃、ウルスンの家に間借りして暮らしており、忙しい両親に代わってウルスンがソンジュンの世話をして過ごし、ソンジュンはそんなウルスンを忘れることが出来なかった。

ソンジュンの危うい秘密からウルスンとの昔話まで、彼の隠された事情が水面上に浮び上がった回となった。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 安裕美