EXO レイ、世界的DJアラン・ウォーカーとコラボした新曲「Sheep(Alan Walker Relift)」 を発売

写真:=レイInstagram

EXO レイと世界的なDJアラン・ウォーカーがコラボした新曲「Sheep(Alan Walker Relift)」が31日正午に発売された。

アラン・ウォーカーは代表曲の「Faded」でYouTubeの再生回数が18億回を記録し、韓国国内でもとてつもない人気を呼んでいる最高級のDJだ。

「Sheep(Alan Walker Relift)」は、2017年に発売されたレイのソロアルバムの収録曲「Sheep」を新たにアレンジした楽曲だ。新しい歌詞とボンバスティックトラップ風のサウンド、新しいビジュアルで生まれ変わった「Sheep」はレイとアラン・ウォーカーにとっては、新しい試みであった。

これは今年2018年初めから北京で始まったスタジオセッションの結果だ。レイとアラン・ウォーカーは以後、何ヶ月もの期間に渡り協力して楽曲作業を続け、8月の初めにはアメリカ・シカゴで開かれた大規模のロック・フェスティバルであるロラパルーザで、約3万人の観客の前で初めて曲を披露した。

きらびやかで完成度高いセットが引き立って見えるミュージックビデオも、ビルボードを通じて先行公開された。アラン・ウォーカーの以前の曲「Tired」のミュージックビデオと世界観を共有する今回の作品で、レイは驚くべきダンスの実力を披露する。

レイはグローバルスターとして全世界に進出している。1stミニアルバム「Lose Control」で中国人アーティストとしては初めてiTunesチャートのトップ60にランクインしたこともある。

アラン・ウォーカーは5月にBIGBANGのV.I、Julie Bergan、K-391と共に「Ignite」という楽曲を発表した。現在、ワールドツアー中であるアラン・ウォーカーは、9月8日に「2018 Spectrum Dance Music Festival」で韓国公演を行う予定だ。

EXO レイ、米シカゴのロック・フェスティバルに登場…世界的なDJアラン・ウォーカーとコラボ

EXO レイ&NCT 127、マイケル・ジャクソン生誕60周年記念プロジェクトにアジア代表として参加決定

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 藤本くみ子