「ラブリー・ホラーブリー」Highlight イ・ギグァン、幅広い演技力で視聴者を虜に


※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=KBS 2TV「ラブリー・ホラーブリー」放送画面キャプチャー

3日午後に韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「ラブリー・ホラーブリー」では、Highlightのイ・ギグァンが多彩な演技を見せた。

イ・ギグァンはドラマの中で幽霊が見えるドラマプロデューサーのイ・ソンジュン役を演じている。これまで出演してきた作品とは違う姿で視聴者から好評を得ている。

以前、ドラマ「サークル:繋がった二つの世界」でイ・ホス役を演じ、複雑で微妙な感情を表現し、好評を得た彼は、今回の「ラブリー・ホラーブリー」で初恋の初々しい感性と身の毛のよだつホラーを同時に見せている。

ソンジュンは何をやってもうまくいかないドラマ作家オ・ウルスン(ソン・ジヒョ)を見守る守護天使だ。作家デビューを助け、彼女の話にも耳を傾ける。ウルスンの安全のために作家交代宣言から、彼女をいじめる幽霊と立ち向かうなど、イ・ギグァンの黒騎士の活躍はドラマに活力を吹き込んでいる。

それだけでなく、ウルスンを間に置き、フィリップ(パク・シフ)と繰り広げる激しい神経戦も見どころの一つだ。

ジャンルやキャラクターを越えて、多彩な魅力を見せているイ・ギグァンがこれから「ラブリー・ホラーブリー」でどんな活躍を繰り広げるのか、関心が集まる。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな