2PM、デビュー10周年イベントが日本で大好評…メンバーの衣装が着用できる展示コーナーも!


写真=JYPエンターテインメント

2PMが日本でデビュー10周年記念イベントを開催し、ファンから好評を得た。

先月1日と2日、渋谷で2PMの10周年イベントが開催された。2PMの10年間の活動を集めた、ヒストリーボードと受賞トロフィーの展示、メンバーたちの衣装を実際に着用できる衣装展示コーナー、映像の上映会などが準備され、2PMのファンが100%楽しむことの出来る内容で構成されたという。

10月8日まで東京と大阪では2PMのキャラクターである、“ZooPM”を活用したカフェがオープンする。メンバー別の色とキャラクターを活用した特別メニューが1ヶ月間販売される予定だ。タワーレコードでは、今まで発売された2PMのすべてのアルバムを販売する特設売り場も設置される。

韓国のファンに向けては、4日から23日までソウル市聖水洞(ソンスドン)ソウルの森キャラリーアフォーレG階で、2PMのデビュー10周年記念展示会「2PM 10th Anniversary : 10回の季節」を開催する。

今回の展示会は2008年9月4日にデビューした2PMの10年を思い出し、初々しい新人時代から、成長した2PMの姿をアルバム、衣装、映像、音声、写真など多様なコンテンツに盛り込んだものとなっている。

所属事務所のJYPエンターテインメントの関係者は「展示会のテーマである“10回の季節”は、2PMとファン達が共に過ごした10年を季節で表現したものだ。展示の空間の構成もやはり春夏秋冬を経て、再び春に続くように作った。2PMとHottest(ファンクラブ名)が10回の季節を経て、“6人の完全体”となる特別な春に再び会うことを約束すという意味だ」と説明した。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな