Monday Kiz出身イム・ハンビョル、脱退後もイ・ジンソンと交流「兄さんと良い関係を維持中」

写真=10asia

イム・ハンビョルが13日午後、ソウル市江南(カンナム)区 奉恩寺(ポウンサ)路のシュピゲンホールで開催された、初ソロ曲「別れに行く道」の発売記念ショーケースで「Monday Kizのイ・ジンソンさんと良い関係を維持している」と話した。

イム・ハンビョルは、2008年にアイドルグループA’st1としてデビューし、2010年に再結成されたグループ Monday Kizに合流し、活動してきた。その後、Monday Kizから脱退したイム・ハンビョルがソロ歌手としては初めて発売する曲が「別れに行く道」だ。現在イ・ジンソンのみMonday Kizとして活動中だ。

イム・ハンビョルは「ジンソン兄さんがショーケースにも参加することになった。ジンソン兄さんの『秋の安否』が発売される時も見守った」

続いて「『秋の安否』が、発売直後午後7時にすぐに音楽配信チャートにランクインすることができずに、自分もショックを受けた。でも結局ランクインして、長く維持していたのが羨ましかった。現在ジンソン兄さんにアドバイスも受ける仲だ」と話した。

「別れに行く道」の曲とミュージックビデオはこの日午後6時から、韓国の各種音楽配信サイトで鑑賞することができる。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン