EXO ベクヒョン、Monday Kiz出身イム・ハンビョルを応援「兄さんの新曲…聞いてみて!」


写真=MOSTWORKS

EXO ベクヒョンが最近、自身のSNSを通して、Monday Kiz出身イム・ハンビョルの新曲「別れに行く道」の発売を知らせた。

「別れに行く道」は13日に発売された。ベクヒョンは「愛するハンビョル兄さんの新曲が出ました。エリたち(ファンクラブの名前)聞いてみて! #待ちに待ったこの曲 #練習曲 #別れに行く道 #イム・ハンビョル #ムービー撮りに行く道」などとその友情を表した。

イム・ハンビョルは14日の午後6時にMelOnと1theKのすべてのチャンネルを通じて、誰でも共感することのできる、別れの感性を込めた“共感ライブ”を公開する予定だ。

「別れに行く道」は別れを伝えに行く男性の足取りを表現した曲だ。13人組オーケストラとホルンでのセッションの豊かなサウンドと別れを準備しながら、胸を痛める男性の想いを盛り込んだ。イム・ハンビョルは歌だけでなく、Mono Treeのチュ・デグァン作家と共に直接作詞作曲に参加した。

A’st1としてデビューし、Monday Kizのボーカルとして活動してきたイム・ハンビョルは、シングル発売前に“Onestar”という芸名で作曲家として活躍もした。SUPER JUNIOR D&E「Take it slow」、NCT DREAM「Walk you home」、SUPER JUNIOR「Runaway」、ONF「86400」、V.O.S「あの日」など作品ごとに作詞作曲をはじめ、編曲にまで多様に参加した。また東方神起、EXO、EXO-CBX、ONF、少女時代、NCTなどのボーカルレコーディングディレクターとしても活躍した。

YouTube登録者数が13万人を突破したイム・ハンビョルは、3月にJTBCドラマ「ミスティ」のOST(劇中歌)「その道で」を発売して本格的なソロ活動を予告した。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな