gugudan ナヨン「覆面歌王」でのステージに高い評価“音楽ができて本当に幸せ”

写真=Jellyfishエンターテインメント

gugudanのナヨンが、MBC「覆面歌王」の出演について「胸がジーンとするステージだった」と話した。

ナヨンは16日に韓国で放送されたMBC「覆面歌王」でカメレオンというニックネームで出演した。ナヨンが歌った2NE1の「IT HURTS」について作曲家のユ・ヨンソクは「たった今開発が始まったダイヤモンドの鉱山のようだ。誇張することのない純粋な歌唱力」と好評し、KAIは「潜在力があって本当に歌が上手だ」と称賛した。

続いて特技を披露する場面ではWanna Oneの「Energetic」のダンスを2倍速のスピードでこなし、注目を集めた。個人ステージではMAMAMOOの「Piano Man」を歌い、「ミュージカル俳優の一人台詞を見るようだった。表情と身振りに余裕が感じられる、本当に素敵なステージだった」(シン・ボンソン)、「ミュージカル『キューティ・ブロンド』の主人公のような雰囲気だった。最近見たパフォーマンスでトップ3に入る。スタイル、コンセプト、洗練、高級、センスなどの単語がハッシュタグのように思い浮かび、このシーンをキャプチャーして私のSNSに掲載したいほど魅力満点だった」(キム・ホヨン)などの評価を受けた。

ナヨンは放送後、所属事務所のJellyfishエンターテインメントを通じて「親しい友達のような皆さんの応援と愛のおかげで、こんな風に歌を歌うことができて、感謝を感じた感動的なステージだった」と話した。

さらに、「音楽ができて本当に幸せだ。今日を記憶し、皆様に音楽で応えて行きたい。私ナヨンの声をこれからもたくさん応援してほしい。心から私の声が聞く人たちにとって、多くの力と癒しになったら嬉しい」とつけ加えた。

 記者 : イ・ウノ、翻訳 : 浅野わかな