SUPER JUNIOR イェソン、アイドルを辞めようと!?不安だった過去を告白…今夜の放送に注目

写真=MBC

SUPER JUNIORのイェソンが、MBC「私の人生の歌 SONG ONE」でデビュー当時、自身の力になってくれた人生の歌を公開する。

24日午前0時25分、韓国で放送される「SONG ONE」では、イェソンが出演し、自身の“人生の歌”を公開してリメイクする全過程を公開する。

「SONG ONE」は、数多くの“人生の歌”で最も意味のある一曲を見つけ、自身の声でその歌を再記録するミュージック・ドキュメンタリーだ。イェソンは「SONG ONE」を通じて、自身が若い頃に初めて買ったカセットテープから、一番辛い時に力になってくれた歌と、思い出を一緒にした歌まで、すべてを打ち明けている。

最近の収録でイェソンは、不安だった練習生時代と、デビュー後も続いていた無限競争のアイドル界について話した。「そのようなストレスから、SUPER JUNIORを辞めようとしていた」と当時についても明かした。これを乗り切ることができるように勇気づけてくれた歌も公開する予定だ。

また同日、カンタに自身もカセットテープ世代だと明らかにしたイェソンは、SUPER JUNIORのファンの間でも“レアアイテム”に値するという、13年前のSUPER JUNIORの1stと2ndテープを現場に直接持ってきた。またイェソンは、今は思い出の品になった“ポケベル”にまつわる、初恋との忘れないエピソードも伝える予定だ。

「私の人生の歌 SONG ONE」は24日午前0時25分に韓国で放送される。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな