EXOからソン・ジュンギまで、韓国とタイの国交正常化60周年を記念したバザーに愛用品を提供

写真=タイ韓国文化院

EXO、SEVENTEEN、Red Velvetから俳優のチャン・ドンゴン、ヒョンビン、ソン・ジュンギ、パク・ボゴムなど韓国国内スター約170人が、韓国・タイ国交正常化60周年を記念し、駐タイ大韓民国大使館とタイ文化部の共同主催で10月6日から7日まで、バンコクのセントラルワールドで開催される文化祝祭「アンニョン タイランド、サワッディ コリア」で愛用品の慈善バザーを行う。

今回のバザーは、韓国文化に関心が高いタイファンのための特別な感謝の場として設けられた。スターたちの愛用品オークションと寄付イベントなどを通じて集めた義援金の全額を、韓流ファンでもあるタイの恵まれない青少年施設に寄付する。

今回の慈善オークションイベントに参加する韓国のスターたちは、先日タイで公演を行ったEXOをはじめ、Red Velvet、NCT、SEVENTEEN、MOMOLAND、NU’EST、パク・ボラム、AOA、FTISLAND、神話、SF9、N.Flying、CLC、RAINZ、JBJ95、THE BOYZ、GFRIEND、LABOUM、The East Light.、ユ・ソンホ、PENTAGON、2AM チョグォン、(G)I-DLE、BTOB、BIGFLO、D-CRUNCH、14U、Nine Muses、SNUPER、チョン・ヘイン、キム・ドンハン、ソン・ジュンギ、パク・ボゴム、ヒョンビン、チャン・ドンゴン、パク・ヘジン、キム・ヒソン、チャ・テヒョン、チョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ナムジュ、ユン・ギュンサン、チョン・ユミ、ユン・サンヒョン、アン・ジェヒョン、ユン・ジョンシン、ホン・ジョンヒョン、チュ・サンウク、シン・ヒョンス、イ・シヨン、イ・ドンフィ、キム・ユジョン、リュ・スヨン、チョン・ソクホ、オ・ジホ、テ・インホ、シン・ヘソン、シン・ヒョンス、ユ・ジェミョン、ユン・ヒョンミンなどだ。

彼らは、タイで披露した韓国ドラマの主人公や映画出演者約170人で、タイで人気を集めている韓流スターたちが大半だ。韓国スターたちは自身の大切なジャケット、靴、ステージ衣装、帽子、サインCDなど様々な品物を寄贈したという。

タイのファンにスターのサイン入りCDを無料でプレゼントする感謝イベントも開催される。ファンクラブ及びK-POPファンは、事前申請を行い応募券を受け取れば、イベント当日、抽選を通じてSUPER JUNIOR、EXO、TWICE、miss A出身スジ、SHINee、Red Velvet、少女時代 テヨン、(G)I-DLE、SEVENTEEN、MOMOLAND、DIA、SF9、LOVELYZ、Golden Child、14U、Stray Kids、VIXX レオ、LABOUM、NATURE、ユ・ソンホ、PENTAGON、ユン・ジョンシン、IMFACT、GFRIENDなど、人気K-POP歌手約40チームの直筆サイン入りのCDがもらえる。

ファンクラブの寄付イベントでは、ファンクラブがEXO、SUPER JUNIOR、SHINee、Red Velvet、NCTなど韓国スターたちの愛用品を購入し、タイの青少年のための別途の寄付イベントにも参加できる。

今回の行事は、韓国大衆文化団体である韓国芸能マネジメント協会(Korea Entertainment Management Association)と韓国マネジメント連合(Korea Management Federation)が後援する。

「アンニョン タイランド、サワッディ コリア」の行事では、国技院テコンドー示範団の公演および韓国、タイの伝統公演をはじめ、各種コンテストが設けられている。

2000年代半ば以降から韓国ドラマとK-POPを中心に韓流人気が続いているタイは、最近10年間、地上波で400本余りの韓国ドラマを放送し、毎年50回余りのK-POPコンサートとファンミーティングが開催されるなど、東南アジアの韓流の中心地だ。

カン・ヨンギョンタイ韓国文化院院長は「両国の国交正常化60周年を迎え、韓流スターたちとタイのファンがコミュニケーションし、互いの大切さを知る意義深い機会となるだけでなく、韓国とタイの文化交流も今回の行事を通じてさらに拡大することが期待される」と明らかにした。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな