NCT DREAM、ミュージックバラエティーショー「NCT DREAM SHOW」を成功裏に終了…“無限の魅力”を証明


写真=SMエンターテインメント

NCT DREAMが、28日から30日にソウルCOEX Artium SMTOWNシアターで開催されたミュージックバラエティショー「NCT DREAM SHOW」を成功裏に終えた。

「NCT DREAM SHOW」は全4回にわたって開催され、すべてチケット販売開始と同時に完売を記録した。

今回の公演で、NCT DREAMは2ndミニアルバムの新曲「We Go Up」「1、2、3」「君と僕」をはじめ、「Chewing Gum」「最後の初恋」「We Young」「GO」などの代表曲はもちろん、「The 7th Sense」「BOSS」「Baby Don’t Stop」「TOUCH」などNCT UとNCT 127の発表曲を歌い、熱い反応を受けたという。

また、マークとヘチャンがデビュー前に映像で公開した、Travie McCoy ft. Bruno Marsの「Billionare」を新たに編曲して披露した。ダンスの実力が日増しに成長中のジェミン、ジェノ、チソンのカリスマ性溢れるダンスパフォーマンス、中国人メンバーのロンジュンとチョンロが一緒に歌った周杰倫の「告白風船」などが熱気を高めた。

さらに「私の知ってるお兄さん」「THE音楽シティSHOW」「NCT DREAM NEWS」など、各種TV番組をパロディーしたコーナーやトーク、映像で、見る楽しさをプラスした。

各メンバーたちがミッションで遂行した「ドリームチャレンジ」を通じて、ジェミンは自ら撮影と編集を行ったメンバーたちのビハインド映像を上映し、ヘチャンは自ら製作したブレスレットを抽選でプレゼントし、観客全員に感謝の気持ちを込めてフォトカードを贈呈するなど多彩な構成で目を引きつけた。

ファンは「いつも同じ時間同じ場所で」「いつも一緒だったあなたと私」「私たちの気持ちの中にあなたたちが存在する」「あなたたちのドリームになるよ」という言葉が書かれたプラカードイベントを実施し、メンバーたちを感動させた。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな